<奈良5歳児餓死>生後すぐ虐待か…耳たぶに内出血(毎日新聞)

 奈良県桜井市の吉田智樹君(5)が十分な食事を与えられず餓死した事件で、智樹君が生後数カ月のころ耳たぶに内出血があったことが関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、保護責任者遺棄致死容疑で逮捕された母親のパート店員、吉田真朱(まみ)容疑者(26)は「約3年前から顔面をたたくようになった」と供述しているが、それ以前から虐待されていた可能性が出ている。【上野宏人】

【関連ニュース】
<関連記事>奈良5歳児餓死:逮捕の母親 夫から日常的に暴力
<関連記事>5歳児餓死:「夫婦不仲、子に矛先」逮捕の母供述
<事件の第一報>虐待:食事与えず5歳児餓死、体重6キロ、父母逮捕 奈良
<関連記事>3カ月長男虐待:容疑の父親逮捕 脳に障害か 大阪
<関連記事>兵庫の女児虐待:虐待死、元継母を容疑で再逮捕へ 強く揺さぶった可能性

借金返済「待ってほしい」=事件前、上田容疑者が運転手に−同居男証言・鳥取不審死(時事通信)
<バラ>送別シーズン迎え出荷最盛 愛知・一色町(毎日新聞)
都島の失跡社長 マカオで服役の男逮捕へ 府警 殺害・遺棄 自供から10年(産経新聞)
定昇確保へ「不退転の決意」=連合が中央集会−春闘(時事通信)
キツネ侵入による事故死、高速会社に「責任なし」 最高裁(産経新聞)
[PR]
by uorn5eum8w | 2010-03-09 19:23
<< 裁判員「車で片道5時間」=選任... 性同一性障害児童・生徒抱える学... >>