「爆弾低気圧」が原因か、列島襲撃・春の嵐(読売新聞)

 「春の嵐」は、20日に続いて21日も東日本を中心に吹き荒れ、各地でけが人を出すなど猛威をふるった。

 今回の暴風は、急速に発達する通称「爆弾低気圧」が日本付近を通過したことが原因とみられている。

 気象庁などによると、南の太平洋高気圧が徐々に張り出してくる春季は、北からの寒気と南からの暖気が日本列島付近でぶつかる。

 上空付近に気圧の低い「気圧の谷」が近づくと、地上付近で低気圧が発生、急激に発達することがある。

 今回も、朝鮮半島の東に位置していた20日午後3時には中心気圧が992ヘクト・パスカルだったが、21日午後3時には966ヘクト・パスカルと、24時間で26ヘクト・パスカルも気圧が低下した。

覚せい剤1キロ密輸容疑、瀋陽空港で日本人逮捕(読売新聞)
定昇は維持、一時金満額割れも…春闘一斉回答(読売新聞)
復興方針の早期提示を=首都直下地震で−内閣府検討会(時事通信)
将来的に有事の核持ち込み容認も…岡田外相(読売新聞)
<雑記帳>早大野球部の創部110年祝し「記念醤油」 茨城(毎日新聞)
[PR]
by uorn5eum8w | 2010-03-25 10:47
<< 自民支援見送りを正式決定=参院... 【WEB人】ITジャーナリスト... >>