平等院 創建前からサルスベリ存在 藤原道長も鑑賞か(毎日新聞)

 京都府宇治市の平等院鳳凰堂前にある阿字池(あじいけ)の池底の地層から、1052年の創建の前のものとみられるサルスベリの花粉が検出された。平等院(神居文彰住職)と高原光・京都府立大大学院教授(森林科学)が24日、発表した。サルスベリは氷河期に絶滅し、中国から入ってきたというのが定説で、江戸初期の文献が最古の記録だった。発見により、サルスベリの存在が600年以上さかのぼることになる。

 高原教授らは、池底の土を深さ約70センチまで採取。850〜940年ごろの地層を分析したところ、スギやマツなどの花粉の中から、2〜3%の割合でサルスベリ属を確認した。

 サルスベリは、醍醐寺(京都市)の僧侶が、江戸初期の1604年に境内に植えられたと日記に記したものが最古の記録となっている。

 平等院の場所は、9世紀末に源融(みなもとのとおる)、10世紀後半に源重信ら貴族が別荘を構えたとされる。その後の998年、藤原道長が買収し、その子頼通が寺とした。高原教授は「道長ら高級貴族が、鑑賞用にサルスベリの花を楽しんだのではないか」と話している。

 飛田範夫・長岡造形大教授(日本庭園史)は「平安中期以降の記録には見られず、いま一般に広まっているサルスベリは、江戸初期に再度、大陸から渡来したものの可能性がある」としている。【山田尚弘】

【関連ニュース】
平等院鳳凰堂:CGでよみがえる色や文様
平等院鳳凰堂:柱にひっかき傷 アライグマの「犯行」か
天皇、皇后両陛下:京都・平等院を訪問
京都の仏像:/7 阿弥陀如来坐像 /京都

<石綿被害>原告団が1000人集会(毎日新聞)
more treesのフォトエキシビション――5月31日まで(Business Media 誠)
小沢氏、不起訴へ 東京地検、立証困難と判断(産経新聞)
豪族の送霊船を描いた円筒埴輪など出土 京都(産経新聞)
日銀会合、事務方排除=財務省・内閣府(時事通信)
[PR]
by uorn5eum8w | 2010-05-27 22:47
<< 柔道女子高生、技あり 明石・強... <ケイマフリ>“海のカナリア”... >>