<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

平等院 創建前からサルスベリ存在 藤原道長も鑑賞か(毎日新聞)

 京都府宇治市の平等院鳳凰堂前にある阿字池(あじいけ)の池底の地層から、1052年の創建の前のものとみられるサルスベリの花粉が検出された。平等院(神居文彰住職)と高原光・京都府立大大学院教授(森林科学)が24日、発表した。サルスベリは氷河期に絶滅し、中国から入ってきたというのが定説で、江戸初期の文献が最古の記録だった。発見により、サルスベリの存在が600年以上さかのぼることになる。

 高原教授らは、池底の土を深さ約70センチまで採取。850〜940年ごろの地層を分析したところ、スギやマツなどの花粉の中から、2〜3%の割合でサルスベリ属を確認した。

 サルスベリは、醍醐寺(京都市)の僧侶が、江戸初期の1604年に境内に植えられたと日記に記したものが最古の記録となっている。

 平等院の場所は、9世紀末に源融(みなもとのとおる)、10世紀後半に源重信ら貴族が別荘を構えたとされる。その後の998年、藤原道長が買収し、その子頼通が寺とした。高原教授は「道長ら高級貴族が、鑑賞用にサルスベリの花を楽しんだのではないか」と話している。

 飛田範夫・長岡造形大教授(日本庭園史)は「平安中期以降の記録には見られず、いま一般に広まっているサルスベリは、江戸初期に再度、大陸から渡来したものの可能性がある」としている。【山田尚弘】

【関連ニュース】
平等院鳳凰堂:CGでよみがえる色や文様
平等院鳳凰堂:柱にひっかき傷 アライグマの「犯行」か
天皇、皇后両陛下:京都・平等院を訪問
京都の仏像:/7 阿弥陀如来坐像 /京都

<石綿被害>原告団が1000人集会(毎日新聞)
more treesのフォトエキシビション――5月31日まで(Business Media 誠)
小沢氏、不起訴へ 東京地検、立証困難と判断(産経新聞)
豪族の送霊船を描いた円筒埴輪など出土 京都(産経新聞)
日銀会合、事務方排除=財務省・内閣府(時事通信)
[PR]
by uorn5eum8w | 2010-05-27 22:47

<ケイマフリ>“海のカナリア”根室沖を悠々と 北海道(毎日新聞)

 北海道根室市沖の無人島、ユルリ・モユルリ島を漁船で巡る「落石ネイチャークルーズ」のデモ航海が15日行われ、「海のカナリア」とも呼ばれる希少な海鳥ケイマフリが飛ぶ姿が目撃された。

 ケイマフリはウミスズメ科で、体長約40センチ。体は真っ黒だが、赤い脚と、目の周りが白く、垂れ目が特徴。環境省の絶滅危惧(きぐ)2類で、近年生息数が激減。道内の根室、知床、北方四島周辺などに生息している。この日、ケイマフリが目撃されたのは漁船から約20メートルの海上で、間近で飛ぶ姿が見られるのは珍しい。繁殖地は島のがけにあり、エサを取るため海上に出たとみられる。

 ネイチャークルーズは21日から。漁船を使った通年クルージングは全国初。大人7000円。問い合わせは落石漁協(0153・27・2121)。【本間浩昭】

【関連ニュース】
条例違反容疑:捕獲禁止の魚捕った男逮捕 滋賀
名古屋市版レッドリスト:「絶滅」に13種追加
国連報告書:脊椎動物、70年から3割減少 熱帯では6割
国連多様性白書:脊椎動物3割減少 70〜06年にかけ、熱帯では6割
特集:きょうは「みどりの日」 守れ!鹿児島・奄美の生態系

「陸山会」事件、小沢幹事長が国会で説明へ(読売新聞)
<八街殺人放火>孫娘の知人を別の器物損壊容疑で逮捕…千葉(毎日新聞)
社会福祉法人が不法投棄の疑い…処理委託空き瓶(読売新聞)
現行のまん延防止策徹底を=口蹄疫で赤松農水相(時事通信)
介護タクシー違法営業の男逮捕 「ローン返済するため」(産経新聞)
[PR]
by uorn5eum8w | 2010-05-19 03:00

週明けから全国的に低温か=気象庁が注意呼び掛け(時事通信)

 気象庁が7日発表した1カ月予報と異常天候早期警戒情報によると、8日ごろに北日本(北海道と東北)に寒気が流れ込み、10日ごろから16日ごろにかけて全国的に気温が平年より低い状態が続く見通し。大型連休中、真夏を思わせる暑さが続いた後だけに、同庁は注意を呼び掛けている。 

山陽道 6台絡む追突事故で火災 3人死亡 兵庫・姫路(毎日新聞)
消費税率「いずれ上げる必要」=経産相(時事通信)
出先機関仕分け 7省10系統対象(産経新聞)
女児虐待、母親再逮捕=浴槽に監禁容疑−「夫に指示」・福岡県警(時事通信)
<茨城男児遺体>体に複数の打撲痕(毎日新聞)
[PR]
by uorn5eum8w | 2010-05-12 01:05